ブログトップ

ああ、やっちゃったな!「您」と「悠」の誤植(台東区にて)

これもある中国人留学生が見つけて報告してくれたものです。
e0365727_9374196.jpg

中国から遊びに来た大学時代の友人を連れて浅草を案内していたときのこと。

「ようこそ、台東区へ」の中国語表記が、

「欢迎悠来台东区!」

になっていました。

最初、その留学生はぼくに聞くんです。

「これ、どこが間違っているかわかりますか?」。

写真をパッと見て、一瞬どこなのか気がつかなかったのですが、よく目を凝らしてみると、確かに「您(あなた)」と「悠」の単純な誤植です。いうまでもなく、「悠」は「悠久の大地」といったときに使われる字です。

ああ、やっちゃったな! そう思いました。実は、この誤植、他でも何度か目にしたことがあるからです。

なぜこんな誤植が起きたのか? 

そもそも「您」と「悠」の中国語の発音は違いますから、打ち間違えは考えられません。にもかかわらず、このような誤植が起きたのは、基本的な中国語を知らない区の担当者が業者に発注したせいではないかと思われます。

これを見て文句を言う中国人はいないと思いますけど、こういう公的な案内表示でのおかしな誤植、これはちょっとまずいですね。区の信用に関わるといったら言いすぎでしょうか。
[PR]
by ramei | 2017-03-18 09:38 | 週刊「間違い探し」