ブログトップ

このブログを始めて気がついたことがあります。おかしな中国語表示というのは、街角だけでなく、ネット上にもあふれていることです。

それは外国向けの情報を発信している企業のウエブサイトなどによく見られます。原因は、自動翻訳任せになっていることです。どんなに素敵なウエブサイトでも、自動翻訳任せの中国語をみると、ほとんど意味をなしていないケースが多いのに、そのまま放置されていることが気になって仕方がありません。

本ブログは特定の企業や個人を中傷するつもりはまったくありませんが、あるホテルのサイトを例に出してみます。

このホテルのウエブサイトは、英語、ハングル、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)の多言語表示ができるのですが、言語を切り替えると、そのページが自動翻訳されるしくみになっています。

トップページの頭にその旨了承してもらえるようにと、以下の中国文が載っていました。

「这个网页是被机器进行翻译的。翻译结果不可能100%正确。望您多理解而利用(このウエブサイトは自動翻訳を使っています。翻訳は100%正確ではありません。どうぞご理解ください)。」

この中国語もちょっと気になりましたが、それはともかく、最も残念だったのは、このホテルが提供する日本の伝統文化と和装の撮影サービスの紹介ページの自動翻訳文でした。

それはこのサービスの魅力を伝える核心部分にあたる以下のキャッチコピーです。

(日本語)「唐津での思い出に着物を着て記念撮影しませんか?」
(中国語)「在在唐津的回忆穿和服,不拍纪念照吗?」
e0365727_17562933.jpg

この中国語を目にしたときに、中国人に与えるダメージについては、これを翻訳ソフトで訳した日本語を見ていただくと、想像できるのではないでしょうか。

「唐津の追憶は和服を着て、たたかないでうつしを紀念しますか?」

「思い出を記念撮影に残す」というのは、中国語では「拍照留念」。こんな中国語で呼びかけるといいのではないでしょうか。

「大家何不穿着和服拍照留念呢?」

すべての文章を中国語にする必要はありません。写真を見れば、日本語がわからなくても、だいたいわかります。そのかわり、いちばん肝心なメッセージだけは、自動翻訳ではなく、中国人に頼んで翻訳してもらうというひと手間があるとないとでは、イメージが大きく違ってくるものなのです。
[PR]
by ramei | 2017-05-19 17:58 | 週刊「間違い探し」 | Comments(0)