ブログトップ

これも日本語的な発想で中国語が使われてしまった例です。ある日本の友人が写真を送ってくれました。都内の某外国人向けインフォメーションの前に置かれていた手書きのメッセージです。

e0365727_741950.jpg

「空手旅行的乐趣怎么样
 到成田,羽田机场
 到东京中心区,酒店
 您可以收到行李今晚」

英語表示などをみるかぎり、このツーリストインフォメーションの手荷物一時預かりでは、1日800円でスーツケースなどの重い荷物を預かってくれるだけでなく、別料金を出せば、成田や羽田、都内のホテルへ運んでくれるサービスもあるようです。

これを見て「えっ」と思ったのは、「空手旅行」の「空手」の使い方です。確かに、中国語の「空手」には「手ぶら」の意味もあります。でも、使い方がちょっと違います。日本の中国語辞書をみると、次のような例が出ていました。

「あなたを手ぶらで帰らすわけにはいかない」→「我不可能让你空手回去」
「彼は手ぶらで帰って来た」→「他空着手回来了」
「手ぶらで彼の家に行くのは具合が悪い」→「我不好意思空手到他家去」

「空手」ということばを聞くと、中国人はむしろ以下のようなネガティブなイメージを連想しがちです。

「空手套白狼」(素手で白い狼をつかまえる)努力しないで高価なものを手に入れる。それが転じて「なりふりかまわず、ハイリスク・ハイリターンの商売をする」

つまり、日本語であれば「手ぶら旅行」という言い方も成立するかもしれませんが、中国語では違和感があるのです。

ちなみに、武道の空手の中国語は「空手道」。以下のようになります。

「以前、空手を習っていました」→「我以前学习了空手道」

では、この場合、どんな中国語にすればいいのでしょう。この際、日本語的な発想は捨てて、まっすぐにこう呼びかけてみてはいかがでしょう。

「我们邀请您放下行李, 全身地投入旅行」(荷物を置いて、思う存分旅行を楽しまれてはいかがでしょう」(※もちろん、もっといろんな言い方があると思います)

あとできれば「到成田,羽田机场」の「到」の前に「寄」を入れると、「成田空港まで運びます」という意味がはっきりします。最後の一文も「今晚就可以收到行李」のほうがいいです。

(参考)
日本語的な中国語が街にあふれていて、違和感をおぼえます
http://ramei.exblog.jp/25676371/
[PR]
# by ramei | 2017-04-09 07:42 | 週刊「間違い探し」 | Comments(0)